うつ病の症状には抗うつ剤が最適|効果的に改善しよう

認知度が高いうつ病

カウンセリング

うつ病などの精神疾患により、医療機関にかかっている患者は近年、大幅に増加しています。医療データによると、精神疾患の中で多かったのが、うつ病、統合失調症、認知度と順に並んでいます。以前ではうつ病や認知症はあまり認知されていない病気だったのですが、近年において著しい増加が見られています。精神科における入院状況は最近では、やや減少傾向にあるのですが、精神疾患に悩んでいる患者が増えているのが、現状です。そのため、うつ病を治療する方法として抗うつ剤を処方する病院が多いのです。今では、精神科を受診することで抗うつ剤を簡単に処方してもらうことができます。ですから、もしもうつ病に悩んでいるのなら、精神科で症状を診てもらうといいでしょう。主治医が自身の症状に合わせて効果的な抗うつ剤を処方してくれます。しかし、どのタイミングから抗うつ剤を活用すべきか、わからない方もいることでしょう。そんな方はまず、自身の状態というものを正しく理解しておく必要があります。自身がうつ病と思うなら、すぐに抗うつ薬を活用する方がいいですし、逆にうつ病と判断できない場合には副作用がある抗うつ剤をわざわざ活用する必要もありません。つまり、抗うつ剤の具体的な適応というものは、特に決まっていないのです。しかし、もしも重度のうつ病なら確実に多くの量の抗うつ剤が必要なため、やはり医師に相談することがおすすめでしょう。

医療機関のデータでは、生涯に一度はうつ病になる方は15人に1人と言われています。そして、全国の医療機関にかかっているうつ病患者の数は約100万人以上とかなり多いです。そのため、自身もうつ病になる可能性も十分にあることを覚えておきましょう。また、うつ病は原因や症状の出方などによって、いくつかの種類に分類されます。その中でも、双極性障害の症状は本人や周りの人でも気づかないことが多いです。双極性障害は気分が異常に高くなり、普段では考えられないような行動をとってしまう躁状態と抑うつ状態が繰り返す精神疾患になります。躁状態と抑うつ状態が繰り返し期間は個人差があり、人によっては数か月から数年と差があります。また、双極性障害は1型と2型によっても、症状が変わってきます。1型の双極性障害は激しい躁状態が見られることが特徴的です。躁状態が酷い方ですと、気持ちが大きくなって身の回りのものを壊してしまったり、突発的に衝動買いをしたりと社会的に逸脱した行為を多くとってしまいます。一方、2型の双極性障害は1型の双極性障害の躁状態と比較して、緩やかなことが特徴的です。そのため、2型の双極性障害は発見しにくいと言われています。また、2型の双極性障害は、憂鬱な気分が何日も続いたり、何事に対しても感情的になれず悲しい気分になったりとうつ状態の症状も特徴的になります。このような症状にもしも、自身が当てはまるのなら、すぐに病院で治療するようにしましょう。

Back to Top