うつ病の症状には抗うつ剤が最適|効果的に改善しよう

抗うつ剤の種類

ドクター

うつ病の治療には、一般的に抗うつ剤が使われますが、抗うつ剤にも種類があるのをご存知でしょうか。今では、医療の発展によって沢山の種類の抗うつ剤が開発されています。その中でも強さや副作用の違いがあるため、抗うつ剤を活用するなら知っておきたいことでしょう。抗うつ剤の中でも、一番古いと言われているのが、三環系抗うつ剤、別名TCAです。このTCAは古くから開発されているため、副作用も多く今では、あまり使われなくなった抗うつ剤になります。副作用は多いものの効果が強力なのが特徴的です。そのTCAを改良して作られたのが、四環系抗うつ剤になります。四環系抗うつ剤はTCAと比較して、副作用が少なく、効果は弱めです。また、睡眠作用もあるため、眠りを深くする作用に優れているのも特徴になります。そして、日本でも比較的に発売された抗うつ剤で、最も人気があるのがサインバルタになります。サインバルタは特徴はうつ病に関連する脳内のセロトニンとノルアドレナリンの神経伝達物質を高める作用を持っていることでしょう。神経伝達物質を高めることで不安や焦燥感など和らげ、疲労感を払拭します。また、サインバルタは効果が高いだけでなく、抗うつ剤の中でも安全性が高い薬になります。もちろん、あくまでも副作用が少ないだけですから、眠気や頭痛、めまいなどの一般的な症状は現れます。ですが、うつ病の治療を効果的に行いたいならば、サインバルタを活用することをおすすめします。

現代では、多くの医療機関がうつ病の治療に抗うつ剤を使用しています。しかし、一口に抗うつ剤といっても沢山があります。そのため、どの抗うつ剤が効果の高い薬なのか、自身で判断するのは難しいでしょう。そんな方のために、抗うつ剤について説明します。まず、大前提として、抗うつ剤を使用する際は、新規抗うつ剤から始めることが一般的です。新規抗うつ剤とは、SSRI、SNRI、NaSSAの三種類を指していて、副作用が少ないことが特徴的です。特に、抗うつ剤は副作用が多い薬ばかりですから、安全性が高いこの三種のどれかから治療をスタートすることをおすすめします。最もスタンダードな初心者向けの抗うつ剤はSSRIになります。日本で活用されているSSRIは主に四種類あり、中でもジェイゾロフトは産後うつ病にも効果があることから評判です。また、SSRIを使用している医療機関も多く存在しているのでデータが豊富にあるのも利点と言えるでしょう。しかし、安全性が高いですが、効果は他の抗うつ剤と比較して弱いと感じる方もいます。そういった場合には医師と相談して、三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤を処方してもらうといいでしょう。特に、三環系抗うつ剤は抗うつ剤の中でも最も古くからあるもので、効果が非常に高いことが特徴的です。ですが、効果が強力な分、副作用の多いので使用する際は十分注意して使うことが大切です。

Back to Top