うつ病の症状には抗うつ剤が最適|効果的に改善しよう

うつ病を完治させる

錠剤

うつ病は診断を受けて回復するまでに、およそ一年から二年ほどかかると言われています。その過程は急性期、回復期、再発予防期と大きく分けて三段階になります。それぞれの期間は人によって長さが違いますが、一般的な経過と目安を紹介していきます。まずは、一番最初にくるのが、急性期になります。急性期は医師にうつ病と診断されてから、薬物治療を開始する期間で、十分な休養をとりながら、少量の抗うつ剤を服用していきます。そして、抗うつ剤に慣れてきたら、徐々に治療に必要な量に増量することになります。この時期は安静にして休養することが最も大切な期間になりますので、担当医に従って、休養に専念しましょう。回復期では、調子がいい日と悪い日が繰り返します。そのため、調子がいい日が続いたからといった、治療をやめないことが大切です。もしも、抗うつ剤をやめてしまうと、症状が悪化してしまうリスクが高まります。ですから、回復期の間は焦ることなく、薬物治療を続けるようにしましょう。また、回復期では急性期よりも気分が落ち着いてきて、家庭での生活は満足に行えます。しかし、回復期の段階では社会復帰が難しいことを覚えておきましょう。この回復期の期間は生活リズムを整えながら、担当医と今後について話し合う期間になります。そして、回復期が終わると再発予防期になります。再発予防期ではいよいよ社会復帰することができます。しかし、うつ病は再発率の高い病気ですから、油断はできません。特に、職場復帰には様々なストレス負荷がかかります。ですから、回復期が過ぎても、薬物療法を1年以上継続することを心掛けましょう。また、うつ病の再発を防ぐためにも、身の回りの環境を改めて見直してくことも大切です。

うつ病の完治・克服するまでには、約1、2年かかると言われています。なぜ、うつ病の治療がそんなに時間がかかるのか、その理由について説明します。うつ病の治療に時間がかかる原因は、再発率の高さが一つとして挙げられます。その再発率の高さは驚異的で、完治した後の再発率は60%から70%と言われています。しかし、再発している方の多くは、医師の判断を無視して、勝手に抗うつ剤の服用を止めた方達です。ですから、うつ病が完治した後も治ったと思わずに、根気よく維持療法を行なうようにしましょう。特に、うつ病は治療期間だけで推し量ることができない病気です。そのため、自身が完治したと思っても、実際に完治していなくて再発してしまうケースも多いのです。再発しないためにも、医師の言うことを守り、継続的に治療を行なうことが大切です。そして、特に急性期、回復期の期間は今後の再発リスクに関係してきます。ですから、急性期と回復期の間はしっかりと身体を休養して過ごすことをおすすめします。また、再発させない為にも、家庭内や職場の環境を見直しましょう。せっかく、日常生活に戻ってもストレスを再び抱え込むことでうつ病になってしまいます。そして、再発してうつ病になると以前よりも症状が悪化するケースが多いです。ですから、うつ病を改善するためには、焦らずに治療をすることを心掛けましょう。

Back to Top